合格体験記

小学生から徹底的に国語力を積み上げたからこそ

2016-01-26

中央大学法学部合格(宮城一高卒)

184 (2)学3年に入塾した私は、今日まで10年間セミナーでひたすら国語力を高めてきました。「作文朗読教室」で毎週集中して読書をし、古典作品を朗読し、作文もたくさん書きました。特に年に一度の読書作文コンクールでは1冊の課題図書にとことん向き合い、じっくりと考え作品を仕上げました。そうして書き上げた作文が上位の賞に選ばれたときの嬉しさは、今でも忘れません。作文朗読教室のみならず、「国語力養成講座」や「読解記述講座」でも幅広く国語力を鍛えました。また、セミナーで取得した漢字検定2級や日本語検定2級は自分の国語力に更なる自信をもたらしました。セミナーで培ったその力は受験でも生かされました。宮城一高の前期試験で合格できたのです。前期試験は評定の条件があり、英数国の3教科と小論文が課せられるものです。評定の高い優秀な生徒ばかりの競い合いの中で、私は小論文で優位に立てたと思います。継続して培った国語力が大いに生かされた出来事でした。

高校生になってから受講したのが、「コミュニケーション力養成講座」です。話すことも含めて国語力とみなす、というのが先生のお考えです。この講座はフリートークでディスカッションやディベート、3分間スピーチ、自己PRなど、説得力のあるより高度な話し方を鍛えるのが目的です。コミュニケーション力は社会に出てから必ず役に立つ能力です。この講座で将来に繋がる力を着実に養っていきました。

高校3年の10月中旬、かねてから目標としていた大学の指定校推薦、校内合格を取り付けることができ、入試本番ではその大学で講義理解力テストという試験を受けました。40分間講義を聴き、50分で200字以内の記述問題4問に答えるというものでした。その試験に備えて蛎崎先生に1か月ほど対策をしていただきました。本番を想定して先生に講義をしていただき、時間内に記述するという練習を重ねました。短時間に論点を捉え、簡潔な表現を心掛けました。おかげで、本番では余裕と自信を持って書くことができました。

結果、中央大学法学部に合格できただけでなく、学費が半分免除される20人の奨学生の一人に選ばれました。これは直前の対策の成果でもありますが、小学生の頃から長い間積み上げてきた国語力のたまものだと断言できます。セミナーで培った国語力は、私の進む法学部でこれからも大いに生かされるはずです。大学でもこの国語力を発揮し、より一層自分を高めていきたいと考えています。

ここまで私を導いて下さった蛎崎先生に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

楽しみながら学ぶことができました

2014-03-28

 成蹊大学文学部合格(仙台白百合学園高卒)

人数が少ない分、より密度が濃い授業を受けることができたと思います。楽しみながら学ぶことができました。

現代文と古文では、高1から様々なレベルの問題を解いて、センターの問題にも早くから慣れることができて良かったです。また古文では問題ごとに背景や、その文学作品についても教えていただけたのでとても役に立ちました。あと私が一番良かったと思うのは、評論語句の読み、意味です。受験にももちろん大切ですが、日々の生活にも必要となってくる語彙をここで勉強できて本当に良かったと思います。

何となく読み、何となく解いてきた国語

2014-03-28

 慶應義塾大学法学部合格(宮城一高卒)

今までなんとなく読んで、なんとなく解いてきた国語にも解き方があると分かって、全然読めない文章でもあきらめないで問題を解くようになった。古文でも掛詞や枕詞など分野別に、また評論文のキーワードなどのいろいろなプリントをもらい、知識を積み重ねることができた。小論文でも基礎から教わり、構成の仕方が少しずつだが分かってきた。小論文としての基本的な題に応じた基礎的な知識、用語も身につけたことで、あやふやではない、しっかりした小論文が書けるようになった。また一つ一つ丁寧に添削してもらえたことも良かったです。

講座で得た知識は一生の宝!

2014-03-28

 東北大学工学部合格(仙台一高卒)

私がここまで学力を伸ばすことができたのは、ひとえにこの塾のおかげだと言っても過言ではありません。私はどうにも国語が苦手でいつも足を引っ張る教科だったのですが、高校の頃では得意科目が国語になっていました。(私は理系ですがね…)

・・・受講して良かった講座は

全ての教科が良かったと思いますが、特に

「国語力養成」・・・国語力UPには欠かせない講座です。私は周りの友人に「お前は国語の知識がすごいよな~。」などと言われますが、その知識のほとんどはこの講座で手に入れたものです。また、国語の力は未来までずーと一生必要となるものですし、他の教科の力や論理力とも大きく関わっています。この講座で得た知識というものは一生の宝となるはずです。

「現代文」・・・知識が入っていても文章を正しく読解できなければ意味がありません。それに国語という科目は数学や科学と違って、はっきりと完璧な答えが出にくいものです。そこで、この講座で文章を論理的に正しく読むことを覚えるのです。

大概の国語の先生は文章を説明することに終始してしまいがちですが、蛎崎先生は違います。私たちが知りたい「どうしてそういう答えになるのか」「どうして自分の答えが間違っているのか」ということを、論理的に文章を読み、正しい理解へ導いてくれるのです。

セミナーでのすべてにありがとう

苦手の国語が楽しくなっていた!

2014-03-14

 東北大学工学部合格(仙台一高卒)

小学校以来抱き続けていた国語に対する苦手意識を改善できればと思い通い始めたが、蛎崎先生の指導についていくだけで、いつの間にか国語が楽しくなっていました。毎回の授業が楽しみであっという間の三年間でした。

国語専門塾というだけあり、国語系統の講座が充実しているK’sセミナーだが、その中でも特に「国語養成」と「コミュニケーション講座」が良かった。国語養成では高校生ならば知っていなければならない知識として、「読み」や「書き」に加えて、「簡潔な説明」まで求められ、正確な知識を身につけることができた。またコミュニケーション講座では、声の出し方などの基礎からディベート、プレゼンテーション、面接でのテクニックまで学べた。大学受験には直結しないかもしれないが、大学に入ってからのゼミや就職時、就職後には必ず役に立つので受講することができて良かったと思っています。

皆さんがこれからどのような道に進むとしても、国語はすべての基盤です。数学にしても英語にしても、日本語で考えるので、理系だから国語はいいなどとは考えないで下さい。これから様々な選択をすると思いますが、目前のことばかりではなく、将来を見越して決めて下さい。「コミュニケーション講座」はぜひ受講して下さい。おススメです。

« Older Entries Newer Entries »

ページのTOPへ